合成皮革のジャンパー襟張り替えマルエイクリーニング

【住所】:東京都八王子市絹ヶ丘1-22-20
【TEL】:042-635-6234
【営業時間】:AM 8:00~PM 7:30


合成皮革のジャンパー襟張り替え

合皮の襟がボロボロになってしまいました。 合皮は、水分に弱いため、襟などは汗で早く劣化します。

Before 合成皮革の襟が劣化して、剥がれてしまいました。 CIMG8279CIMG8281CIMG8285Before- After CIMG8279

After 襟だけの修正ですが、合皮の張替による修理を行いました。

今回の修理代金は、4,000円(税別)です。

こちらは、襟を取り外して作り直す作業となります。末永く使用されたい場合は、本革や布への交換もおすすめです。

襟にだけ、合皮を使用していたり、袖口だけに合皮を使用している衣類の、合皮の張替え、合皮復元加工も承っております。

劣化した合皮を綺麗に剥がして、基布の状態にするだけでも、十分に使用出来るケースもございます。

合皮は、着ようと思って気づいたら、ボロボロになっていた、剥がれていた、ベトベトになっていたということが多いようです。

※)注意事項について

合成皮革には寿命があり、衣類全体の修理や、劣化の程度により、修復が出来ないと判断させていただくケースがございます。 このような場合は、気に入ったお品物でも、購入された方がお安くなりますし、張り替えも出来ないため、お断りさせていただいております。ご容赦くださいませ。

CIMG8284CIMG8280