紳士靴 合皮劣化による剥がれ 修復マルエイクリーニング

【住所】:東京都八王子市絹ヶ丘1-22-20
【TEL】:042-635-6234
【営業時間】:AM 8:00~PM 7:30


紳士靴 合皮劣化による剥がれ 修復

合成皮革の紳士靴が、劣化によって何カ所か剥がれてしまいました。

折れ曲がる所や、先端が擦れたりして剥がれることが多いですね。

Before 紳士靴の甲の合皮がめくれ、先端の塗膜が剥げてしまいました。 CIMG9107曲がる部分の接着剤の劣化による合皮のめくれと、先端の剥がれです。 CIMG9102先端のキズです。 CIMG9104剥がれたjところは、白っぽく見えるために目立ってしまいますね。 CIMG9106After 合皮の補修をして完成です。 ビジネスシューズとして、現役で使えるようになりました。 CIMG9168剥がれはほとんど分からなくなりました。 CIMG9170今回の合成皮革の紳士靴の修理料金は、片方で1,000円(税別)となります。

紳士靴の合皮の先端のキズや、剥がれなどの劣化についても、あきらめないでご相談くださいね。

紳士靴のお手入れについて

合皮のお手入れは、なるべく水分や汗を残さずに乾燥することが大事です。

汗の水分で合皮が加水分解を起こしやすくなるため、なるべく乾燥した状態で保管します。

毎日靴を交代して、靴のために休息日を作ることが、合成皮革の靴を長持ちさせるためのコツです。

合皮は水に弱いですが、汗や臭いも気になることがあります。

たまにはプロに任せて靴を洗って、除菌をして使用しましょう。

合皮の紳士靴洗い料金は、1,400円(税別)です。丸洗いの料金表はこちらをクリックして下さい。

※全体に劣化して、合皮と布の間の接着剤が剥がれてきていたら、寿命です。 全体の修復は不可能です。

劣化の進み具合によって購入した方が良い場合もありますので、お断りをさせていただくこともございます。

また、しぼ(革に似せたしわ)のある合成皮革は、塗装では再現できないため、修復後は平面になります。

合成皮革の修復には、限界がありますので、ご理解いただけると幸いです。

部分色かけは、500円(税別)~です。