ジーンズ 裾上げ修理 マルエイクリーニング

【住所】:東京都八王子市絹ヶ丘1-22-20
【TEL】:042-635-6234
【営業時間】:AM 8:00~PM 7:30


ジーンズ 裾上げ修理

ジーンズの裾上げ修理

ジーンズの裾が擦れて、引きちぎれてしまったジーンズ

履いていい感じになっても、裾がボロボロだとそのままにしておくのも引っかかってしまいますね。

自分で破いたり、引き裂いたりするのは意外と難しかったりするので、はさみで切る方も多いようです。

今回は、裾を引きずるので少し短くして裾を詰める修理です。

2cmくらい裾上げすれば、表に見える部分には布を足さなくても修理出来る状態のため、生地を足して裾上げとしました。

Before 裾が破れてしまったジーンズ

裾が破れたジーンズ

チェーンステッチをほどいて、余分なところを切り取り、アイロンで整えてから裾上げをします。

After 裾上げをしました。

チェーンステッチの裾上げ

 

今回の修理代は、チェーンステッチの裾上げ、チェーンステッチのほどきと穴修正をしています。

チェーンステッチの裾上げ 1,500円~

ほどきと生地足し 500円~ (表に出ない部分を足しています)

裾破れにはいろいろなケースと、修理方法がありますが、裾上げで直るケースもあります。

3つ折りとすくい縫い

ジーンズやチノパンなど綿のズボンは、生地が伸びないので3つ巻きと言って、3つに折って裾上げをします。

ウールなどは、生地が伸びるため、ロックミシンでほつれ止めをしてから、すくい縫いで表に糸が見えにくい修理をします。(まつり縫い、かがり縫いとも言います。)

最近は、ジーンズもポリウレタンが3%ほど入っている伸びるストレッチ素材が多いので、伸びに対応するチェーンステッチや、フラットロック(飾り縫い)という縫い方で、糸が伸びても切れにくい方法で裾を縫っています。

ストレッチ素材が増えたことで、ジーンズもチェーンステッチで裾上げするケースが増えていて、縫い方を元に戻したり、おしゃれという理由だけではなくなっています。

また、チノパンでもビジネスシーンでおしゃれに着こなすために、糸が表に出ないすくい縫いで裾上げする方も増えています。

シーンに合わせたり、生き方に合わせたり、おしゃれ感を出したり、人それぞれのデザインが足元の裾上げのみで可能です。

おしゃれに着こなすためのお手伝いが出来れば幸いです。

マルエイクリーニング


クリーニング、リフォームの事などお気軽にご相談ください*^o^*/